FC2ブログ

「オルフェウスの窓」(集英社文庫版)8巻感想~ついに2人が!!!

長かったな~としみじみつぶやいたるっちきです(`・ω・´)


「オルフェウスの窓」も第8巻となり、話も終盤になってきました。
いや、ここまでほんと長かった。

「オルフェウスの窓」(集英社文庫版)7巻感想~革命と恋の嵐が吹き荒れる

展開の早さに付いていくのが精一杯のるっちきです(`・ω・´)


「オルフェウスの窓」も第7巻。
物語も佳境に入ってきて、とうとう第一次ロシア革命が勃発します。


「オルフェウスの窓」(集英社文庫版)6巻感想~第3部はロシアで悲恋の予感

とうとうロシアまで来たか~とため息交じりのるっちきです(`・ω・´)


「オルフェウスの窓」の6巻では第3部が始まり、舞台がロシアへと移りました。
クラウスはロシアの革命家だから、ここからロシア革命に話が絡んでいくのだろうな~と思うと、嫌な予感しかしなくてちょっぴり憂鬱(;´・ω・)



「オルフェウスの窓」(集英社文庫版)5巻感想~第2部も悲恋のオンパレード

益々続きが気になるるっちきです(`・ω・´)


「オルフェウスの窓」も5巻を読み終え、全9巻の半分を超えました。
5巻では第2部が終わったのだけど、これがまた英光も挫折も悲恋もてんこもりで。


「オルフェウスの窓」(集英社文庫版)4巻感想~犯人は予想外の人だった!

ふお~~~と変な声が出たるっちきです(`・ω・´)


「オルフェウスの窓」も4巻に入り、とうとう第1部が終わりました。
いやもう、予想外の人が犯人でびっくりしましたよ(;´Д`A ```


「オルフェウスの窓」(集英社文庫版)3巻感想~悲しい別れの連鎖に涙

ハンカチ片手に読みふけったるっちきです(`・ω・´)


池田理代子先生の「オルフェウスの窓」(集英社文庫版)3巻。
中だるみなんてまったくなく、話は怒涛の展開を続けていくのはさすが巨匠という感じ。


「オルフェウスの窓」(集英社文庫版)2巻感想~陰謀と絡み合う恋心

朝から漫画を読みふけってしまったるっちきです(`・ω・´)


土日はなかなか読む暇がなくて。
今朝はるち太を学校に送りだしてから、すぐに「オルフェウスの窓」の2巻を読みふけってしまいました。



「オルフェウスの窓」1巻感想~悲劇の予感しかしない…

ついつい読みふけってしまったるっちきです(`・ω・´)

図書館に行ったら池田理代子先生の「オルフェウスの窓」が揃っていて。
そういえば読んだことがないなと思って手に取ってパラパラめくったら、いつの間にか読みふけってしまい、借りてきました。


映画クレヨンしんちゃん新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~感想♪

ゴールデンウイーク早く終わらないかな~と思っているるっちきです(`・ω・´)


どこに行っても混んでいるし、るち太もまだ風邪が良くなっていないので、あまり体力を使わない映画に行ってきました。


観てきたのは、毎年るち太が楽しみにしているクレヨンしんちゃん♪

映画ドラえもんのび太の月面探査記感想♪面白いけど疑問も?

うきうき観に行ったるっちきです(`・ω・´)


毎年楽しみにしている映画ドラえもん。
昔は大人一人で行くのがすごく肩身狭かったけど、今はるち太が一緒なので堂々と観に行ってます( ´∀` )


育児時々腐女子の最新エントリー

Copyright © 育児時々腐女子 All Rights Reserved. きゃんたまんの実験室