子どもにもできるのどの痛みの対処法

風邪をひいたるっちきです(`・ω・´)


一昨日いきなりのどが痛いなと思ったらどかんと熱が出て(T△T)
るち太は寂しがって構って構ってってくるし、熱が出て頭は痛いしふらふらだしで最悪でした…


とにかく、のどが痛くて痛くて、寝ていても痛みで目が覚めるのね。


できるだけしゃべりたくないけど、黙っているとるち太が寂しくなっちゃってあれこれ話しかけてくるから、黙っていることもできなくて。


なので、のどの痛みに良さそうな方法をあれこれやっていたら、大分痛みが楽になってきました。


というわけで、以前からあれこれ調べてやっているのどの痛みの対処法をちょっと書いてみます。


【のどの痛みの対処法】


 とにかくうがい!


気が付いたらうがいをする。


病院なんかでよくくれるうがい薬を入れてもいいんだけど、あれってちょっと苦手だな~という場合には、塩でもいいです。


ぬるま湯に小さじ半分くらいの塩を入れてかきまぜ、うがいをするの。


塩の殺菌効果で結構効果があります。


のどが痛い時以外にも塩を入れてうがいをすると予防効果もあるのでお勧めです。


 のどを温める!


のどが痛いときはのどが冷えないように温めておくと良いです。


ハイネックでもマフラーでもスカーフでもタオルを巻くのでもいいから、のどを冷やさないようにして温めると、菌の繁殖を防いでくれます。


 こまめに水分をとる


ただし、冷たいものは避けること。


のどを冷やさないように、なるべく暖かいお茶などを飲みます。


お茶に入っているカテキンには殺菌効果があるから、コーヒーよりお茶を飲むようにしてます。


 マヌカハニーをなめる


マヌカハニーって聞いたことがない方もいるかなと思いますが、ニュージーランドのみに自生するマヌカの木からとれるはちみつです。


一般的なはちみつよりも殺菌力が高く、抗菌作用もあるはちみつなんです。


口内炎にも良く効くし、のどが痛い時にもこれをなめると痛みが楽になります。


マヌカハニー
マヌカハニーの詳細はこちらマヌカハニー


マヌカハニーには抗菌効果のあるメチルグリオキサールが含まれているのだけど、それが含まれている量によってMGO30+(+5)~MGO550+(25+)まであるの。


MGOの数値が高いほど抗菌効果が高くなるのだけど、当然ながらお値段も高くなります。


はちみつといっても一般的なはちみつとはちょっと味が違って、少しくせのある味なので、初めて買うときには価格もお手頃なMGO30+(+5)がいいんじゃないかなと思います。


マヌカハニーは子供ののどの痛みにも効果があるから、子供が風邪をひいたときに使っている人も多いですよ。


ただし、1歳未満の子はまだはちみつを食べるのは危険なのでやめましょう。



どれも大人だけでなく子供にもできる方法なので、のどが痛い時に試してみてくださいね(⌒∇⌒)


参考になれば幸いです♪


それにしても、38度熱があってうなされている私の横でるち太がDSをやっていたのは辛かった…
音を消してくれればいいのに最大にしているから、音がうるさくて頭痛がしてきちゃって(;´・ω・)
一人で遊んでくれるのは嬉しいけど、せめて熱があるときくらい静かに寝かせてほしいるっちきに応援のクリックを♪⇒にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ

関連記事


この記事を読んだよ♪とTwitterでるっちきにつぶやく→読んだよ(o^∇^o)


TOP子供の病気子どもにもできるのどの痛みの対処法

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

育児時々腐女子の最新エントリー

Copyright © 育児時々腐女子 All Rights Reserved. きゃんたまんの実験室