抜けた乳歯を保存するのに便利な乳歯ケース

献立に悩むるっちきです(`・ω・´)


るち太の前歯が抜けそうでえっらいぐらぐらしておりまして。
噛もうとすると下の歯に当たって痛いというので、何を食べさせたらよいやらで悩んでいます。


おじややおかゆは嫌いだから困るんだよね(;´Д`A ```
早く抜けてくれないかな~


下の歯の時は歯医者さんに行って抜いてもらったのだけど、今回は学校で抜けるのを期待しているらしく(先生やお友達に見せたいらしい)、自然に抜けるのを待っていて。


今日明日にも抜けそうな感じなので、献立と同時に抜けた歯をどうしようかと考えています。


私が子供の頃は


上の歯が抜けたら家の縁の下に投げ、下の歯が抜けたら屋根に投げると丈夫な歯が生えてくる


と母に教えられ、えいやっと投げたものでしたが、今はそんなことしている人はほとんどいないだろうしね。


そもそも、縁の下がある家なんてそうそう見かけないので、この風習? はもはや昔のものとなったのでしょう(;´▽`A


で、どうしようかなと思ってネットで探したら、今は乳歯ケースなんて便利な物があるのね。


その名の通り、抜けた乳歯を入れておくケースです。


乳歯ケースにもいろいろあって、まとめて入れるものから一本ずつ入れる物まで、形も値段も結構違う。


こちらは、歯をまとめて入れるタイプの乳歯ケース。可愛いけど、まとめて入れておくとどれがどこの歯かわからなくなってしまいそうな気がします。。。


こちらはちゃんと上の歯と下の歯と分けてそれぞれの場所に入れられるから、どれがどこの歯かわからなくならなくていい感じ♪

レビューを書いた際にもらえる乳歯記録帳も良いよね。うちは既にいつ抜けたか忘れちゃっている歯があるけど…

ただ、値段がちょっと高めかな~


こちらはちゃんと上下分かれて歯ごとに入れられるようになっていて、お値段も手ごろ。

いつ抜けたかを付属のシールに書いてそれぞれの歯を入れる場所に貼ることができるので、抜けた日の記録も一緒にできます。


最後にもう一つ。こちらは四角い乳歯ケース。

お値段もまあまあで、素材も桐なので、長期間保管するのに安心かなと思います。

桐は防虫効果や湿度を一定に保ったりして保管に適した特性があるので。

写真にはうつっていないけど透明プラスチックの内フタがついていて、そこに歯が抜けた日をマジックで書けるそうです。


どれも可愛くて迷うけど、忘れないうちに早く決めて注文しなければ。


お子さんの乳歯が抜けて保管で迷っているママさんは、乳歯ケースをチェックしてみてね(⌒∇⌒)


先日、小学校3年生くらいの女の子の後ろを歩いていたら、「恋バナしようよ~」とか言っているのでついついダンボになっちゃいました(´▽`*)アハハ
なんかね、「○○くんが○○ちゃんに告白したんだって」とか、「○○くんに告白されたけど断った」とか話していて、その年齢でもうそんな話するんだと、ただただびっくり。
私が小学3年生くらいの頃って、そんな話題なかったけどな~
ジェネレーションギャップに笑うしかなかったるっちきに応援のクリックを♪⇒にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ

関連記事


この記事を読んだよ♪とTwitterでるっちきにつぶやく→読んだよ(o^∇^o)


TOP子供の成長・発達抜けた乳歯を保存するのに便利な乳歯ケース

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

育児時々腐女子の最新エントリー

Copyright © 育児時々腐女子 All Rights Reserved. きゃんたまんの実験室