クリスマスの絵本で4歳~6歳くらいの子にオススメなのは?

いつまで信じてるかな~と考えているるっちきです(`・ω・´)


現在小学二年生のるち太は、まだサンタさんはいるって信じているのね。
で、いつまで信じているのかなとふと思って。


自分がいつプレゼントはサンタさんじゃなくて親がくれるんだって気づいたのかは覚えていないのだけど、記憶にある限り、小学3年生のクリスマスプレゼントは自分が選んで親に買ってもらったものだったから、その頃には既に気づいていたんじゃないかと思って。


るち太はいつ頃気づくのかな~と思う今日この頃です。


まあ、夢があるのはいいと思うので、本人が気づくまでは黙ってますけど♪


というわけで、るち太よりももう少し小さい、4歳~6歳くらいのお子さんにオススメのクリスマスの絵本をいくつかご紹介します。


①「さむがりやのサンタ」


詳細はこちらさむがりやのサンタ [ P・ブリッグズ ]


12月24日の朝、常夏のビーチにいる夢の途中で起こされたサンタさん。寒がりで気難しくて文句が多いサンタさんは、「やれやれ、またクリスマスか!」とぶつぶつ言いながら準備を始めます。

12月24日から25日未明までのサンタさんに密着したドキュメンタリー絵本です。

コミックのようなコマ割りで描かれているのも面白いのですが、サンタさんが寒さに文句を言ったり、煙突ですすだらけになったりしているのにもクスリとさせられます。

寒い夜中に一晩で子供たちにプレゼントを配って回るなんて過酷な労働をしているサンタさんに、親近感がわく一冊です。


②「サンタクロースと小人たち」


詳細はこちらサンタクロースと小人たち [ モーリ・クナス ]


北欧のある村で、小人たちと暮らしながらプレゼント作りに励むサンタさんの一年間のお話です。

「サンタさんってクリスマス以外は何をしているんだろう?」って、誰もが一度は疑問に思いますよね。

そんな素朴な疑問に答えてくれる、夢いっぱいの絵本です。


③「子うさぎましろのお話」


詳細はこちら子うさぎましろのお話 [ 佐々木たづ ]


白うさぎの子の「ましろ」はサンタさんから一番先にプレゼントをもらったのに、もう一つもらいたくて自分の体に炭を塗りつけて別のうさぎのふりをして、もう一つプレゼントをもらおうとします。サンタさんからもう一つプレゼントはもらえたけど、こすっても炭の黒い色が落ちなくて…

もう一つプレゼントが欲しいという子うさぎの気持ちに共感したり、嘘だとわかっていてもそれを受け入れるサンタさんの大きな優しさにじーんときたり。

子供がバレバレの嘘をついたときの大人の対応を、サンタさんに教えてもらった気がしました。

それに対するましろの素直な後悔と反省も素敵だし、サンタさんからもらったプレゼントのその後の姿もとても素敵なお話です。


④「ビロードのうさぎ」


詳細はこちらビロードのうさぎ [ マージェリィ・ビアンコ ]


クリスマスに家に来たビロードのうさぎを男の子はとても大切にして、毎日一緒に遊んだり、一緒に寝たりしてとても大事にします。うさぎはだんだんボロボロになっていきますが、それでもとても幸せでした。でも、ある日突然別れがやってきて…

切ないけれど、最後に希望がるお話です。

むしろ、大人の方が泣いてしまうかも(;´▽`A

大人からみるとただの物でも、子供にとってはそれはただの物ではなくて大切なお友達ってことありますよね。

子供の頃に自分が大事にしていたぬいぐるみを思いだしながら、こんな風に大切な物があるってとても素敵なことだし、幸せなことだなと考えさせられました。


⑤「サンタクロースっているんでしょうか?」


詳細はこちらサンタクロースっているんでしょうか?改装版 [ フランシス・P.チャーチ ]


「サンタクロースって本当にいるの?」という子供の疑問にアメリカのニューヨーク・サンという新聞の社説で新聞記者が答えたものの翻訳です。

約100年前の新聞の社説ですが、100年経っても子供の抱く疑問は同じなんですよね。

新聞記者の方の真摯な回答には、大人でも感動します。

大きくなってきてサンタクロースは本当にいるのか疑問に思い始めたお子さんにぴったりの絵本です。


⑥だれも知らないサンタの秘密


詳細はこちら送料無料/だれも知らないサンタの秘密/アラン・スノウ/三辺律子


まるでサンタさんの図鑑のように、子供たちが疑問に思うサンタさんの秘密が詳しく図解されています。

字が細かいので読み聞かせるのはちょっと大変かもしれないけれど、大人も一緒になって楽しめますよ。

子供の質問攻めにあって答えに困っている親御さんにオススメです♪


子供向けの絵本でも、読んでいると大人の方が思わず引き込まれてしまうものが多くて、絵本の世界は奥が深いです。

こちらで紹介した絵本はクリスマスのプレゼントにもぴったりですので、是非読んでみてください(⌒∇⌒)


自分はいつ頃プレゼントをくれるのはサンタではなくて親だと知ったのか、いくら記憶を辿ってもどうしても思いだせないるっちきに応援のクリックを♪⇒にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ

関連記事


この記事を読んだよ♪とTwitterでるっちきにつぶやく→読んだよ(o^∇^o)


TOP親子で楽しめる絵本クリスマスの絵本で4歳~6歳くらいの子にオススメなのは?

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

育児時々腐女子の最新エントリー

Copyright © 育児時々腐女子 All Rights Reserved. きゃんたまんの実験室