妊娠・授乳中でも飲める!米麹の甘酒

目からウロコだったるっちきです(`・ω・´)


私ね、今まで甘酒ってあんまり好きじゃなかったんですよ。
栄養があって体に良いって聞いたから缶で買って飲んでみたけれど、味がどうも苦手で。



それが、先日実家に行ったときに妹が最近甘酒を毎日飲んでいるというから、


「え~甘酒って飲みにくくない?」


と聞いたら、


「そんなことないよ。私が飲んでいるのは美味しいから」


と言われ、だったら試しにと飲んでみたら、確かに美味しい!


何が違うんだろうと考えながら瓶に貼ってあるラベルを眺めていたら、どうやら原料が違うようでした。


甘酒って名前に「酒」とついているから、てっきり甘酒というのはどれも酒粕でできているのだとばかり思っていたのね。


でも、甘酒には酒粕が原料の甘酒と米麹が原料の甘酒の2種類があるんです。


知っていました?


私はこの年になるまでぜ~んぜん知りませんでした(;´▽`A


原料が違うとどう違うかというと、特に妊娠・授乳中に気になるアルコールが含まれているかどうかが違います。


酒粕が原料の甘酒は僅かとはいってもアルコール分が含まれているけれど、米麹が原料の甘酒はアルコールゼロ


アルコールはNGの妊娠中や授乳中でも、米麹が原料の甘酒なら安心して飲めるんです。


甘酒好きなんだけど、アルコールが入っているから飲めないと思って我慢している妊婦さんや授乳中のママさんも、米麹から作られている甘酒なら飲むことができますよ!


甘酒ってすごく栄養が豊富で、「飲む点滴」なんていわれるくらいで。


疲労回復に効果的なビタミンB郡やアミノ酸も豊富だし、オリゴ糖を含んでいるから便秘にも効果的


米麹が原料の甘酒は炭水化物(ブドウ糖)が豊富だから、食事が摂れないときの栄養補給にもなります。


甘いものが欲しくて我慢できないときに、お菓子を食べずに甘酒を飲むのもオススメ♪


母乳の量を増やしたいときにも、甘酒を飲むことを勧める助産師さんも多くいらっしゃいます。


母乳って血液でできているから、母乳の量を増やすためには血液の量を増やすのと同時に血液の質を高めないといけなくて、そのためにも水分と栄養をしっかり摂る必要があるのね。


甘酒なら栄養もあるし、水分も摂れるから母乳を増やすのにも良いんだそうで。


体が冷えると良くないので、飲む時は温めて飲むのが良いそうですよ(⌒∇⌒)


米麹から作られている甘酒はいろいろありますが、こちらの遠藤酒造さんの甘酒は美味しいと人気です♪





こちらの甘酒は原料が米と米麹のみで、砂糖が使われていないんです。


甘酒って原料を良くみると砂糖が使われているもののあるけれど、砂糖が使われているとその分カロリーも高くなっちゃうから、妊娠中や授乳中にはあんまりおすすめできません。


その点、この甘酒なら砂糖を使っていない分低カロリーだし、自然で上品な甘みを味わえます。


人気商品なので、注文してから発送までちょっと時間がかかってしまうこともあるのだけど、甘酒をお好きな方なら一度は試してみてもいいんじゃないかなと思います。


美味しいからと言って飲みすぎないように気を付けてくださいね(⌒∇⌒)


ノンアルコールでお子様も安心「造り酒屋の甘酒」


幼稚園くらいの頃、祖母が作る梅酒の梅が大好きで、遊びに行くと良くもらって食べていたのだけど、今思うとあれってお酒が入っているから子供に食べさせるものではないような…
さすがに1日1個しかもらえなかったけど、1個でもあまり良くはないですよね(;´Д`A ```
梅酒の梅が大好きだった割に、今はもうお酒なんて全然飲めないるっちきに応援のクリックを♪⇒にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ

関連記事


この記事を読んだよ♪とTwitterでるっちきにつぶやく→読んだよ(o^∇^o)


TOPママのお役立ち情報♪妊娠・授乳中でも飲める!米麹の甘酒

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

育児時々腐女子の最新エントリー

Copyright © 育児時々腐女子 All Rights Reserved. きゃんたまんの実験室