新幹線の中での授乳やオムツ替えはどうするの?

新幹線では大抵寝てしまうるっちきです(`・ω・´)


大人一人ならなんてことない新幹線での移動も、赤ちゃん連れとなると大変ですよね。
お昼寝のタイミングで乗車して、新幹線に乗っている間はずっと寝ていてくれるのが理想だけど、そう上手くいくわけではありませんし。

まだ銃乳回数が多い月齢の赤ちゃんだと、新幹線の車内で授乳しなければならないこともよくあります。


そんなときはどこで授乳すれば良いのでしょうか?


多目的室で授乳する


新幹線には、ほとんどの車両に「多目的室」という個室があります。


中は狭いけれど、伸ばすとベッドになる座席があります。


この「多目的室」は身体の不自由な人が優先的に使える個室ですが、空いているときには授乳に使わせてもらうことができます


多目的室は施錠されており、使いたいときに車掌さんに声をかけて開けてもらうようになります。


多目的室を授乳で使いたいときには、あらかじめ車掌さんにその旨を伝えておくと良いですよ。


もし身体の不自由な人が使用していて使えない場合には、どこからどこの区間が使えないか教えてもらえますし、使用できない場合には車掌室を貸してもらえることもあるようです(必ずではないようですが…)。


多目的室は新幹線の車両によって場所が決まっていますので、切符を買うときに多目的室に近い席を取っておくと便利です。


多目的室から遠い席だと、いざ使うときに走っている新幹線の車内を歩かなければならなくなり、大変だし危ないので。


座席で授乳する


多目的室が使えれば良いのですが、身体の不自由な人や体調の悪い人がずっと使っていて使えない場合もあります。


実際、新幹線を使ったことのあるママたちの中にも、座席で授乳をしたという人は多いです。


多目的室が空いていても、車掌さんを探して声をかけるのが大変だから座席でした、なんて人もいます。


座席でも授乳はできますが、窓のカーテンを閉めて外側を向き、授乳ケープを使うなどして周りには配慮しましょう。


座席で授乳するなら授乳ケープは必須ですので、必ず持っていくようにした方が良いです。


もしお持ちでないのなら、外出先での授乳には何かと役に立ちますので、一枚あると便利ですよ。




また、座席で授乳する際は、隣に誰もいないのがベストですし、できるだけ周りに人が少なかったり、親子連れや女性が多いような状況が良いかなと思います。


パパやおじいちゃんおばあちゃんが一緒だったら隣の席に知らない人が座ることがないから良いのですが、もしママ一人で赤ちゃんを連れて新幹線に乗る場合は、なるべく人が少ない時間帯を選ぶのも手です。


そうすれば、隣に知らない人が座る可能性が低くなりますからね。


私の友人はよく帰省するのに新幹線を使っていましたが、平日の日中の空いている時間帯にいつも乗っていました。


人が少ないから、こっそり座席で授乳できて良いのだそうです。


新幹線内でのおむつ交換


もし多目的室を授乳に使うことができたら、おむつ交換もそこですませることができます。


多目的室をわざわざ使わなくても、おむつ交換台付のトイレがありますので、そちらを利用すると良いですよ。


座席でのおむつ交換はマナー違反ですのでやめましょう。


駅にはおむつ交換ができるトイレがありますので、新幹線に乗る前にオムツを替えておくといいと思います。


新幹線の中での授乳やオムツ交換についてご紹介しました。
赤ちゃんを連れての長距離移動は大変なので、荷物は先に送ってなるべく手持ちの荷物を少なくし、時間に余裕をもったスケジュールを立てるといいですよ(⌒∇⌒)


この記事が役に立ったらクリックをお願いします♪⇒にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
にほんブログ村

関連記事


この記事を読んだよ♪とTwitterでるっちきにつぶやく→読んだよ(o^∇^o)


TOP育児の悩み新幹線の中での授乳やオムツ替えはどうするの?

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

育児時々腐女子の最新エントリー

Copyright © 育児時々腐女子 All Rights Reserved. きゃんたまんの実験室