赤ちゃんのおむつかぶれのケア方法!保湿で予防を!

汗で蒸れているるるっちきです(`・ω・´)


気温が高くなって汗をかくようになると、汗が原因の肌トラブルがいろいろと出てきますよね。


赤ちゃんの場合は、汗をたくさんかくと蒸れておむつかぶれができやすくなるので、夏場は要注意です。


というわけで、今日は赤ちゃんのおむつかぶれの原因やケア方法、おむつかぶれの予防に大切な保湿についてご紹介します。


おむつかぶれってママにとっては頭が痛いですよね。


かぶれて赤くなっているのを見るのは可哀相だし、かといっておむつをしないわけにはいかないし。
私もるち太が赤ちゃんの頃には悩まされたことがありました。


おむつかぶれができる原因


赤ちゃんにおむつかぶれができるのは、幾つも原因があります。


・うんちやおしっこ

赤ちゃんはうんちやおしっこの回数が多いので、どうしても排泄物が肌についている時間が長くなります。赤ちゃんのうんちは酸性が強いので肌への刺激になりますし、おしっこに含まれるアンモニアも肌への刺激になってしまいます。


・蒸れ


おむつの中は普段でもうんちやおしっこで濡れて蒸れることがあるのですが、夏場はさらに汗をたくさんかくのでおむつの中が蒸れやすく、おしりかぶれになりやすくなります。


・おむつの素材


赤ちゃんによっては紙おむつの素材である化学繊維やゴム、吸水性の薬剤が刺激になっておむつかぶれを起こすことがあります。


・おむつがきつすぎる


おむつのサイズが合っておらず、小さいおむつを付けているとウエストや足が締め付けられて擦れてしまい、おむつかぶれの原因になることがあります。月齢の小さい赤ちゃんは特にあっという間に大きくなりますので、おむつがちょっときつそうだなと感じたら、ワンサイズ大きいおむつに替えてあげましょう。

新生児のうちはすぐにサイズアウトしてしまうので、あまり紙おむつはたくさん買いだめしない方が良いですよ。


おむつかぶれのケア方法


・こまめにおむつを替える


うんちやおしっこが長い時間肌に触れていないように、こまめにおむつをチェックしましょう。


・拭く時に強くこすらない


うんちが付いているとついついキレイに使用と思って強くこすってしまうことがあります。赤ちゃんの肌は皮膚が大人よりも薄くて弱いので、ゴシゴシ拭かずに優しくなでるようにしてください。

おむつかぶれになってしまっているときは、市販のおしりふきは使わず、柔らかいガーゼを濡らして大体の汚れを落としたら、シャワーで洗い流してあげると良いですよ。洗面器にぬるま湯をためてお尻をつけて洗うのも良いです。


・お尻を乾かしてからおむつをする


お尻を拭きとったり洗い流したりしたあとは、すぐにおむつを付けずにお尻を乾かしてから付けましょう。乾かしている間に赤ちゃんがうんちやおしっこをしてしまう恐れがありますので、バスタオルなどの上に寝かせておくと良いですよ。


・いろいろなおむつを試してみる


メーカーによってサイズが違ったり、つけ心地が違ったりしますので、紙おむつはいろいろなメーカーを試してみましょう。

私もいろいろ試しましたが、同じサイズでも微妙に大きさが違ったり、横漏れしやすいのがあったりしました。お子さんに合うものをみつけてあげてください。


・体勢をこまめに変えてあげる


同じ体勢で長時間いるとお尻におむつが密着したままになってしまいますので、おむつかぶれができているときはこまめに体勢を変えてあげましょう。

お出かけの時などは、ベビーカーに長い時間座らせたままだとお尻が蒸れておむつかぶれが酷くなることがありますので気を付けてください。

お尻が蒸れていそうだなと思ったら、おむつを外してお尻を風に当ててあげたりすると良いですよ。(寒い時期は風邪をひかないように暖かいお部屋でするようにしてください。)


・保湿をしっかりする


汗をかくと肌がうるおうのではと思うかもしれませんが、汗は肌から蒸発する際に肌の潤いを奪っていくので、肌が乾燥してしまいます。

肌が乾燥していると肌本来が持っているバリア機能が弱ってしまい、外からの刺激に弱くなります。

おしりも同じで、肌が乾燥して荒れてしまうとバリア機能が弱るとおむつかぶれができやすくなるんです。

毎日保湿をすることでおむつかぶれの予防にもなりますので、ちょっと乾燥しているなと感じたら早めにケアしてあげましょう。


赤ちゃん向けの保湿ケア用品


赤ちゃんに使う物なので、肌への刺激が少なく、保湿効果が高いものを選びましょう。

石油系界面活性剤や鉱物油、アルコール、シリコンといった肌への刺激になる成分は入っていないものが良いですよ。

あまりベタベタすると赤ちゃんが嫌がるかもしれませんので、べたつかないさらっとした塗り心地のものがおすすめです。

赤ちゃんはなかなかじっとしていてくれないので、さっと手に出して塗りやすい容器のものを選ぶと、ママの負担が減ります。


ミルクローション


こちらのアロベビーミルクローションは、99%以上が天然由来の成分でできており、世界的オーガニック基準エコサート認証を取得した赤ちゃん向けのオーガニックスキンケア用品です。


シアバターやホホバ種子油、オリーブ油、ヒマワリ種子油、イタドリ根エキス、オウゴンエキスといった天然の保湿成分が多く配合されています。


ポンプタイプなのでプッシュするだけで簡単に出すことができ、塗るのも楽々。
スーッと伸びて肌に馴染みますので、べたつきません。


乳液とクリームの効果を兼ね備えているので、水分を肌にしっかりと閉じ込め、健康なもちもち肌に。


お尻以外にも、体から顔まで全身に使えますので、乾燥が気になる部分に塗ってあげてください。


新生児から使うことができ、敏感肌のお子さんにも使えますが、初めて使う際には必ずパッチテストをしてください
天然由来で低刺激でも、やはり個人差はありますので。


アロベビーミルクローションの詳細はこちら【ペアレンティングアワード受賞】アロベビー 国産オーガニックベビーローション


早めにケアした方が治りも早いので、おむつかぶれかなと思ったら上記のケア方法を試してみてください。


おむつかぶれが酷くて血がにじんでいたり、ただれてしまっているような場合は病院にいって薬を処方してもらいましょう。


この記事が役に立ったら応援のクリックをお願いします⇒にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
関連記事


この記事を読んだよ♪とTwitterでるっちきにつぶやく→読んだよ(o^∇^o)


TOP育児の悩み赤ちゃんのおむつかぶれのケア方法!保湿で予防を!

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

育児時々腐女子の最新エントリー

Copyright © 育児時々腐女子 All Rights Reserved. きゃんたまんの実験室