FC2ブログ

映画ドラえもんのび太の月面探査記感想♪面白いけど疑問も?

うきうき観に行ったるっちきです(`・ω・´)


毎年楽しみにしている映画ドラえもん。
昔は大人一人で行くのがすごく肩身狭かったけど、今はるち太が一緒なので堂々と観に行ってます( ´∀` )



今年の映画は直木賞作家の辻村深月さんが脚本を担当という、ちょっと珍しいパターン。


感想を一言で言うと、


ムービットが可愛かった♪


でしょうか。


ムービットって、ポスターや予告にもあるピンク色のうさぎみたいのです。
丸くてすっごく可愛かった!


一匹だけのび太に似ていて、でも中身は天才なノビットも可愛かったし。


全体的には、昨年の「のび太の宝島」よりは個人的には面白かったです。


でも、昔、藤子不二雄先生が存命だった頃のドラえもん映画に比べると、物足りないし、いろいろ疑問が残って首をかしげてしまう。


ついでに、設定が難しくて、小さな子供にはきっとわからなかったんじゃないかな~と思います。


話を理解して楽しめるのは、小学校高学年以上かなって感じの内容でした。


ドラえもんは小さな子供も観ることを考えると、この辺はマイナスポイントかな。


昔のドラえもんは子供は子供なりに楽しめて、大人は子供とはまた違った角度から楽しめるという醍醐味があったのだけど、そこがない気がします。


映画って尺が決まっているから、その中で設定やゲストキャラの背景を説明しないといけないわけですが、それが不十分という印象が強く残りました。


説明が不十分なだけでなく、キャラが多すぎて見せ場が分散しているというのも、なんかいまいちしっくりこない原因かも。


ルカたちの事情が複雑な上に、人数が多すぎて何だかよくわからないまま話が進んでいって。


詰め込みすぎて話が薄くなってしまった感じがします。


原作の小説が出ているので、そっちを読めってことなのかしら。





以下、ネタバレありです。


個人的な感想を箇条書きしてみます。


良かったところ


・ムービットが可愛い
・ムービットの世界がすごく楽しそう
・皆が夜家を出るシーンが感動的
・馴染みのある道具がたくさん出てきて楽しい



悪かったところ


・設定が難しくて小さな子供にはわかりにくい
・ゲストキャラが多すぎて感情移入しにくい(エスパルが11人もいるの多すぎ)
・大事な役どころ(ゴダート)のゲスト声優が下手
・展開が唐突(特に最後)
・悪役が小さな子供には怖すぎる
・最後の異説バッジと定説バッジの裏の裏というのがわかりにくい


後半、感動的な展開にしたかったのかもしれないけど、ゴダート役の柳楽優弥さんがあまりにも下手すぎて、それが気になって話に集中できませんでした。


本当に、重要な役どころはきちんと声優さんにやってほしい。
上手な人なら俳優さんでもいいけど、やっぱり声優さんの方がしっくりくるので。


ストーリーの方では、ルカがのび太と会ってはじめて友達ができたというのも、なんか説得力がありません。


だって、仲間たちと助け合って1000年も暮らしてきたわけだし。


彼らは家族だから友達ではないのかもしれないけど、なんか1000年も隠れて暮らしてきたわりに悲壮感がないんですよね。


子供だけで楽しく暮らしているように見えるから、親のいない寂しさや友達のいない寂しさが伝わってこなくて。


この辺は書きこみ不足なのかなと感じます。


エスパルがこんなに多くなくて、ルカとルナが二人きりだったら違ったのかもしれないけど。


あと、最後が私にはいまいち納得できませんでした。


いきなり空が晴れて太陽が現れるところも、ルカたちが月に戻ったと思ったらいきなり「人間になりたい」と言いだすところも。


彼らが人間をうらやむようなシーンがあった記憶がないので(;´・ω・)


結局異説バッジを付けていないと人間ではいられないわけだから、一生異説バッジ付けて暮らすの? 壊れたらどうするの? と疑問が残りました。


力を使い果たして人間になった、とかなら納得できたんだけど。


どうせ人間になるのなら、月に戻らなくても自分たちの星にいればいいんじゃないかとも思ったし。


途中までは面白かったけど、最後はなんだか首を傾げたまま終わってしまいました。


個人的に一番感動的だったのは、ルカたちを助けるために、のび太たちが月に向かうところ


のび太たちがそれぞれ覚悟を決めて、夜に家を抜けだすシーンがそれぞれの個性が出ていて良かったです。


スネ夫が一人だけ遅れてきて、遅れた言い訳を「前髪がきまらなくて」っていうのも良かったな~。
あの、決戦に行く前のためらいがスネ夫らしくて。


まあ、まだ親も起きている時間だから、いないの気づかれるだろうって突っ込みも入れたくなりましたが。


なんて、ツッコミどころも満載でしたが、面白かったです。


小さなお子さん、特に怖がりなお子さんは悪役が生首っぽくて怖いので、出やすい場所に座った方が良いかも


後ろの席の子がずっと「怖い」と泣いていたので。


あと、途中で席を立って帰ってしまった親子連れもいました(多分お子さんは3歳くらい)。


ドラえもんは小さな子供も楽しめるっていうのが魅力だから、来年は子供から大人まで楽しめる内容だといいな~


来年も期待して観に行きます♪


毎年子供よりもドラえもんの映画を楽しみにしているるっちきに応援のクリックを♪⇒にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

関連記事


この記事を読んだよ♪とTwitterでるっちきにつぶやく→読んだよ(o^∇^o)


TOP腐女子日記映画ドラえもんのび太の月面探査記感想♪面白いけど疑問も?

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

るっちきさんのレポ、ありがとうございます!
タマゴローが最近ドラえもん好きになってきて
姉弟連れて映画行こうかなぁと思ってたので…
生首っぽいっていうので無理そうだし、
話が複雑化しているとそれも辛そうだなぁと思って
今回は見送り、放送されるのを待ちます(笑)
今のタマゴローだと「のび太の宇宙開拓史」くらいが
限界でした;
のび太の宝島も放送を観ましたが、途中から私が
ダレてしまい…
奥さんを亡くした旦那さんがなんで海賊の格好に
ならないといけなかったのか理解できなかった
四十歳児です。
子供用の映画とはいえ、時間内にまとめあげないと
いけないので大変なんでしょうね。
子どもが好きなキャラクターだからこれからも
どんどん面白いお話を作っていってもらいたいです。
タマラス at 2019/04/01(月) 14:43 | URL

>タマラスさん

去年の「のび太の宝島」はどうして海賊になったのか
私も疑問でした。
なんか無理矢理に海賊出した感じがすごくして。
宝島にこだわらない方が面白くなったのかもしれませんね。

「のび太の宇宙開拓史」は面白かったですね。
ちゃんと設定の説明があって、友情を育むシーンもあって。
最後にジャイアンたちが助けに来てくれるのも感動的だったし。

るち太は去年の映画よりもその前の「南極カチコチ大冒険」
が面白かったと言っているので、タマゴロー君も楽しめるかも♪
大人が見ると謎は残るのですが…(;´Д`A ```
来年こそは、小さなお子さんも楽しめる映画になれば
いいな~と心から願います。
るっちき at 2019/04/02(火) 10:19 | URL

URL:
コメント:
 

育児時々腐女子の最新エントリー

Copyright © 育児時々腐女子 All Rights Reserved. きゃんたまんの実験室