「赤ちゃんにもママにも優しい安眠ガイドブック生後1~12ヶ月版」レビュー

1歳近くまでるち太を抱っこで寝かしつけていたるっちきです(`・ω・´)


産まれたときから大きかったるち太は9ヶ月で既に10キロ近く体重があったので、それを毎日お昼寝と夜寝る前とあわせて3回、1回当たり1時間近く抱っこでゆらゆらして寝かせるのはまさに苦行以外の何者でもありませんでした。


そんな寝かしつけには散々苦労した私も今は「赤ちゃんにもママにも優しい安眠ガイドブック」のおかげで毎晩楽ができてますw
私が実践したのは「1歳~5歳版」ですが、キャンペーンのおかげで「生後1~12ヶ月版」も読むことができたので、以下は「赤ちゃんにもママにも優しい安眠ガイドブック生後1~12ヶ月版」のレビューです。


読み終わって最初に思ったのは、


るち太が赤ちゃんの頃にこれを読みたかった


ということ。


これを読んでいれば、1歳近くまで苦行としか思えない抱っこでの寝かしつけをしたり、夜中何度も起こされて悩んだりすることはなかったのではないかと思います。


わずか28ページという薄い本ですが、とにかく驚くほど内容が濃くて実践的。
決して難しい方法ではなく、特別な知識がなくても、誰にでも読んだその日から実行できることが書かれているんです。


内容は簡単に紹介すると以下の通りです。


・夜泣きの原因
・子供をほったらかしにしない夜泣き解消法
・子供が安眠するための、年齢毎の一日のスケジュール
・長く寝てくれるとちょっと困るおっぱいのトラブル
・母乳育児を楽にする搾乳のススメ
・寝かしつけの方法
・赤ちゃんとのお出かけの仕方



夜泣きは「治らない」と言われていますが、ここには赤ちゃんの夜泣きを根本からなくす方法が書かれています。
著者の清水悦子さんがご自分のお子さんの夜泣き解消のために行い、成功した方法です。


うちのるち太は夜泣きはそんなにしなかったんだけど、とにかく寝付きが悪くて寝かしつけが大変で。


赤ちゃんも新生児を過ぎると段々生活リズムが整ってくるっていうから期待していたのに、4ヶ月になっても夜は遅くまで起きているわ、寝かしつけてもなかなか寝ないわで私は疲れてもうよれよれ。


それで、4ヶ月のときに「カ リスマ・ナニーが教える赤ちゃんとおかあさんの快眠講座 」という本を読んだんです。
そこで初めて、ちゃんと大人がスケジュール管理をして赤ちゃんの生活リズムを整えてあげないといけないんだということを知ったの。


この本は「赤ママ安眠ガイド」の著者である清水さんも参考にされた本で内容は良いんだけど、とにかく分厚いし翻訳だから読みにくくて。


しかも、外国の方が書いているから、スケジュールの方は参考にできたけど寝かしつけの方法が参考にできなくて、結局その後もひたすら抱っこでゆらゆら。


スケジュールのおかげで何とか生活リズムは整って9時頃には寝てくれるようになったものの、寝かしつけには相変わらず時間がかかり、寝るまで2時間近くかかることもしばしば。


当然、るち太が大きくなるにつれて抱っこでは体力がもたなくなり、無理矢理抱っこなしで布団で寝かしつけるようにしたものの、今度はそれに慣れてくれるまでに数ヶ月を要しました。


その点、この「赤ちゃんにもママにも優しい安眠ガイド」では、今現在行っている抱っこや添い乳といった寝かしつけの習慣を、赤ちゃんへの負担が少なく自然に新しい習慣に移行する方法が書かれているんです。


もし、あの頃この本に出会えていたら、何ヶ月も寝かしつけの方法で悩んだり、夜中も目を覚ます度に起きて抱っこで寝かしつける苦労はしないですんだと思います。


今だから思い出だけど、その当時は本当に辛かったんですよ(´・ω・`)
何度も「早く寝なさい!」って怒鳴って、怒鳴ってしまったことを反省して自己嫌悪に陥って。。。


そんな辛い思いを今しているママがいたら、是非これを読んで早めに寝かしつけの習慣を変えることをオススメします。


また、この「生後1~12ヶ月版」には授乳の仕方についても詳しく書かれています。


私はほぼミルクで育てたんだけど、母乳で育てている方の話を聞いたりブログを読んだりすると、お子さんが大きくなっても授乳回数が多い方がたくさんいるんだよね。


特に夜中もかなりの回数授乳しているからぐっすり眠れないって方が多いようで、てっきりそれは母乳はミルクよりも腹持ちが悪いからだとばかり思っていたのですが、それは私の大きな勘違いでした。


正しい授乳の仕方をすれば、母乳でも赤ちゃんは長く眠ってくれるのだそうです。
その方法もこの中に書いてあります。


・今夜泣きで悩んでいる方
・赤ちゃんが頻繁に夜中目を覚ますことに困っている方
・赤ちゃんが夜なかなか寝てくれなくて困っている方
・ママにも赤ちゃんにも負担が少ない寝かしつけの方法を知りたい方
・母乳育児で授乳回数(特に夜中)が多くて困っている方


こんな方に是非読んで欲しいと思います。


どうして赤ちゃんが寝てくれないのか
どうすれば長く寝てくれるようになるのか、夜中何度も起きなくなるのか


欲しい答えがきっと見つかると思います。


あと、できればこれから出産を控えている方(特に初めてのお子さんの方)も読まれておくと良いんじゃないかなと思います。


まだピンと来ないかもしれないけど、出産前の方が時間的に余裕があるので、今のうちに読んでおけば後で困ったときに欲しい情報をすぐに引き出せて楽なんじゃないかな。


夜泣きはしない子もいますが、この中に載っているスケジュールは赤ちゃんの生活リズムを整えるのにとても有効なので、夜泣きをするしないに関わらず赤ちゃんのうちから規則正しい生活習慣を身につけておくと後々楽だと思います(⌒∇⌒)


※私が読んだのはebook版ですが、「赤ちゃんにもママにも優しい安眠ガイド」は2011年11月15日でebookでの販売を終了し、書籍化して新たに発売されました♪


詳細はこちらからどうぞ赤ちゃんにもママにも優しい安眠ガイド



★るっちきの「赤ちゃんにもママにも 優しい安眠ガイドブック1歳~5歳版」のレビュー&実践体験談はこちら



この記事があなたのお悩みの解決に少しでも役に立てたら、クリックいただけると嬉しいです(⌒∇⌒)Click→にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
関連記事


この記事を読んだよ♪とTwitterでるっちきにつぶやく→読んだよ(o^∇^o)


TOP育児書のレビュー「赤ちゃんにもママにも優しい安眠ガイドブック生後1~12ヶ月版」レビュー

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

育児時々腐女子の最新エントリー

Copyright © 育児時々腐女子 All Rights Reserved. きゃんたまんの実験室