抱っこ紐の選び方その3~装着がママ一人でも楽にできる

暑い中るち太をおんぶして出かけてきたるっちきです(`・ω・´)


支援センターに遊びに行ったんだけどね。
雨が降りそうだったからおんぶしてバスで行ったら、途中で晴れて来ちゃってなんかがっくり( ̄▼ ̄|||)


しかも、帰りのバスでるち太が寝ちゃって家についても起きないので、ご飯は後回しにして先にブログ書いてますw


というわけで、今日は抱っこ紐の選び方の続きです。


私が考える抱っこ紐を選ぶときのポイントは、以下の4点なんだけど、

①子供を乗せたときに安定感がある
②ママの 体への負担が少 ない
③装着がママ一人でも楽にできる
④成長や状態に合わせて抱き方が変えられ、長く使える


今日は③の「装着がママ一人でも楽にできる」について。
①と②についてはこちらの記事を見てね♪

抱っこ紐の選び方その1~安定感
抱っこ紐の選び方その2~ママの体への負担が少ない


実は、私が抱っこ紐を買ったときには、この点はまったく考えもしなかったの。
使ってみればできるだろうと甘く見てたのね。


でも、抱っこ紐って意外と装着するのが難しいんだよね。
レビューなんかをよく見ると、「使い方が難しくて買っても結局使えなかった」なんていう意見もあったりして。


どんなに高い抱っこ紐を買っても、どんなに用途が多くて便利な抱っこ紐を買っても、


ママが一人で装着できないものはまず使いません


装着に時間がかかるのもダメ。
面倒になって結局使わなくなっちゃう。


だから、選ぶ際には自分一人で簡単に装着できる物を選ぶというのが重要なポイントになります。


当たり前だろって思った?
こういうの考えないで買っちゃったのって私だけかな?


考えないで買った割には、幸い私が使っているこの抱っこ紐は装着が楽なので、私一人でも簡単に抱っこやおんぶができてますw




コンビニンナナンナマジカルコンパクトファースト
コンビ ニンナナンナマジカルコンパクトファーストSK-V


横抱っこは紐を2本まとめて斜めがけにするだけ。
赤ちゃんは専用シートにちゃんとベルトで固定されているので、安心です。


前抱っこの場合は背中でパチンと留めるだけなので、これも簡単♪
座ってよりも、子供を寝かせた方が留めるのは楽です。


横抱っこや前抱っこは子供を寝かせたまま乗せたり降ろしたりできるので、抱っこで寝ちゃったときなどはそのままそうっと寝かせることができて便利(⌒∇⌒)


おんぶの場合は、抱っこ紐を前でクロスして留めることもできるし、リュックを背負うみたいに普通に背負うこともできます。


前でクロスさせちゃうと胸が強調されちゃうから、私はいつもリュックみたいに背負ってます。
椅子なんかに座らせておんぶしても良いし、立たせたたままでも楽におんぶできます。


お出かけの時って大抵出がけにバタバタするから(←私だけ?)、するっと簡単に装着できないとすごく困るんだよね。
あと、どこでも装着できないとお出かけの時に途中から抱っこ紐に切り替えられなくて困るし。


その点、この抱っこ紐は時間もかからないし、ちょっと椅子か何か子供を寝かせたり座らせたりできる場所があれば良いので、外で急に抱っこやおんぶしたりする際にも便利ですw


抱っこ紐選びのポイント④の「成長や状態に合わせて抱き方が変えられ、長く使える」についてはこちらの記事で触れているのでそちらを見てね♪


一つあれば安心の、丈夫で長く使える抱っこ紐
子供はベビーカーに乗るのが当たり前だと思っていませんか?


自分に合った抱っこ紐を選んで、お出かけを楽しみましょう(o^∇^o)


詳細はこちらからどうぞコンビ ニンナナンナマジカルコンパクトファースト


今日は支援センター人が少なかったんだけど、私好みの色白で可愛いママがいて思わず積極的に話しかけちゃいましたw
また会えると良いな~
ちょっとマメに支援センター通っちゃおうかと思っているるっちきに応援のクリックを(●ゝω・)ノClick→にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
関連記事


この記事を読んだよ♪とTwitterでるっちきにつぶやく→読んだよ(o^∇^o)


TOPあると便利なお出かけグッズ抱っこ紐の選び方その3~装着がママ一人でも楽にできる

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

育児時々腐女子の最新エントリー

Copyright © 育児時々腐女子 All Rights Reserved. きゃんたまんの実験室