これ一冊あれば離乳食は安心!「はじめての離乳食 最新版」のレビュー

心配性なるっちきです(`・ω・´)


大雑把なのに心配性なんだよね。
だから、心配して準備はしっかりしたのに、実際そのときになったらやるのは大雑把なんてことがよくあります。


例えば、離乳食なんかもそう。


どうやって進めたらいいのか、何を作れば良いのかわからないからとにかく心配で、早めに離乳食の本を買って読んで、更に離乳食作りが楽になりそうなアイテムも準備しておいたのね(そのアイテムはこちら)。


その割には、実際離乳食が始まったら、途中から段々成り行きまかせな感じになっちゃって、かな~り適当に作ってました(´▽`*)アハハ


意気込んで準備した割にその程度?って自分でも笑っちゃうくらいw


でも、準備段階で買っておいたこの本には離乳食が終わった今でもお世話になってます。



はじめての離乳食 最新版


離乳食の本もいろいろ出ているから、本屋で見比べて一番わかりやすそうだと選んだのがこれだったの。


離乳食の基礎知識から進め方、レシピまで離乳食を進めるのに必要な知識が全部書いてあるから、これ一冊あれば離乳食は安心という本です。


とにかく写真が豊富だし説明も丁寧だからわかりやすくて。
時期毎に大きさや固さが写真入りで解説されているのがとても便利でした。


何より、私がすごく助かったのは離乳食作りの基本となる裏ごし・すりつぶし・すりおろし・つぶす、ほぐす・刻む・とろみをつける、の6つの調理テクニックが写真入りで説明されていること!


料理が上手な人ならわざわざ説明してもらわなくてもパパっとできるのかもしれないけど、私みたいに料理が苦手だと、言葉で言われただけじゃ実際にどうすればそれが作れるのかわからないんだよね。


その点、この本には基本の調理テクニックがしっかり最初に説明してあったので、後のレシピを作るのも楽でした♪


離乳食作りには欠かせないフリージングの基本テクニックもしっかり写真入りで説明されてて、それもすごく役に立ちました。


やっぱり基本って大事だなと思いましたよ(⌒∇⌒)


他には、こちらの記事でも書いたけど、時期ごとにベビーフードを活用したレシピが載っているのも便利だったな。
同じ味付けばかりだと赤ちゃんも飽きちゃうけど、ベビーフードを使うと味付けの幅が広がるし、作るのも簡単だしね。


離乳食に関するQ&Aなんかも、その時期毎に疑問に思ったり不安に思ったりすることが載っていたから、随分お世話になりました。


病気のときのメニュー食べて良い物・悪い物の一覧表なんかは今でも活用していますw


・離乳食をどう進めたら良いのかわからなくて不安な方
・離乳食全般について載っている、基本となる一冊が欲しい方
・料理が苦手で基本的なテクニックから知りたい方


こんな方にオススメです♪


一冊あれば離乳食は安心な本の詳細はこちら最新決定版 はじめての離乳食: 最初のひと口からの上手な作り方と進め方がよくわかる! (暮らしの実用シリーズ)


るち太は未だに好き嫌いが多くて、作っても食べてくれなくて泣きを見ることが多いです。
私も好き嫌い多いから人のこと言えないんだけどね。
でも、私の作った料理よりも買ってきたお総菜やお弁当の方がよく食べるのはちょっと凹む。。。
もうちょっとママの手料理にも食いついて欲しいるっちきに応援のクリックをClick→にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
関連記事


この記事を読んだよ♪とTwitterでるっちきにつぶやく→読んだよ(o^∇^o)


TOP育児書のレビューこれ一冊あれば離乳食は安心!「はじめての離乳食 最新版」のレビュー

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

育児時々腐女子の最新エントリー

Copyright © 育児時々腐女子 All Rights Reserved. きゃんたまんの実験室