乳幼児のあせも対策に、ひんやり冷却グッズであせも予防

首が痒いるっちきです(`・ω・´)


毎日毎日暑い中出かけるものだから、首にあせもができそうです。
日焼けしないようにって、暑いのを我慢してストール巻いて長袖着てたのがいかんのか(当たり前だ)。


私はともかく、るち太の方は暑さ対策に気をつけているおかげで、今のところあせもは大丈夫ですw


ちょっと前にエアコン我慢しすぎて背中にあせもができちゃったけど、それもすぐに消えたしv( ̄Д ̄)v


子供ってこの時期はちょっと気を抜くとすぐにあせもができちゃうから、ほんと気を遣うよね。


新聞で読んだんだけど、あせもの予防はこまめに汗を拭くのが一番なのだそうです。


家にいるときはまめにシャワーで汗を流してあげるのも効果的。
ただし、石鹸を使うのは1日1回にすること(使いすぎると肌に負担がかかるから)。


あとね、よく清涼感のあるウエットティッシュみたいのがあるけど、乳幼児には逆に肌に負担がかかってかぶれたりする恐れがあるから使わない方がいいそうです。


首や脇の下のようにポイントとなる部分を拭くだけでも、あせものなり方は随分違うんだって。


でもさ、こう暑いと外なんかにいたらもう、子供は汗かきっぱなしって感じじゃない?


それに、大人はまだ汗をかかないくらいの暑さでも、子供って汗びっしょりかいてたりするから、気をつけていてもあせもってできちゃうんだよね(´・ω・`)


だから、こまめに汗を拭くのはもちろんなんだけど、あんまり汗をかきすぎないようにしてあげるのも必要だと思うの。


まだ1日の大半を寝て過ごす赤ちゃんには、こちらの「ひんやりガーゼベスト」が便利です。

ひんやりガーゼベスト
これは熱が上がりやすい首と脇の3カ所に保冷剤を入れられるポケットが付いているベストなの。


保冷剤は凍らせても固くならない特殊ジェルなので当たっても痛くないし、ベスト自体も肌触りの良いガーゼです。


新生児から使える冷却グッズってあまりないので、新生児から使えるのがとても魅力。
スナップでサイズを調節できるから、新生児から2歳くらいまで長く使えます♪


詳細はこちらランデブー ひんやり 熱冷まし ガーゼベスト


もう一人で歩けるくらいの子には、バンダナタイプの物が便利。

パイル素材のネッククーラー

こちらはミキハウスの「パイル素材のネッククーラー
冷凍庫で凍らせた保冷剤を入れて、首に巻いて使います。


デザインが可愛いから、お出かけの時にオシャレとしても楽しめそう♪


マジックテープで留めるようになってるんだけど、長さが2段階に調節できるのでこちらも長く使えますw


※この商品は販売終了しました



バンダナタイプだと首だけしか冷やせないので、脇の下も一緒に冷やしたいって方にはこんなのがあります。

わきの下専用ちょいパットアイス
これね、脇の下専用の冷却パックなの。
保冷剤を入れた袋で脇の下を冷やします。


袋にはゴムが付いているから、ゴムに手を通して装着して使うの。
スペアジェルが付いているから、すぐに交換できるのが便利♪


バンダナだと首に巻くのをうっとうしがって子供が自分で取っちゃう場合があるから、そういうときはこちらの方が良いかも。
生後6ヶ月くらいから使えます。


詳細はこちらチュチュベビー わきの下専用ちょいパットアイス スペアジェル2個付


今年も既に暑い日が続いていて当分暑さは続きそうだから、あせもの予防に冷却グッズを活用するのがオススメです(⌒∇⌒)


私、肌が弱くて紫外線に当たるとすぐに湿疹が出ちゃうから、この時期はUV対策が欠かせません。
曇りの日でもダメなんだよね。
前に曇りの日にも日傘差して歩いてたら、前を通り過ぎた家の中で「あら雨が降ってきたみたいよ」って言っているのが聞こえてきて、「これは日傘なんだよ~雨は降ってないよ~」と心の中で必死に呟いたことがありますw
日傘にしか見えない柄の傘だったんだけどね(´▽`*)アハハ
あせもと湿疹の脅威に怯えるるっちきに応援のクリックを♪Click→にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
関連記事


この記事を読んだよ♪とTwitterでるっちきにつぶやく→読んだよ(o^∇^o)


TOP子供の暑さ対策グッズ乳幼児のあせも対策に、ひんやり冷却グッズであせも予防

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

育児時々腐女子の最新エントリー

Copyright © 育児時々腐女子 All Rights Reserved. きゃんたまんの実験室