幼稚園に入れて良かったこと

しみじみ思うるっちきです(`・ω・´)


ついこの間入園準備していたと思ったら、あっという間に夏休み。
時間が経つのは早いものです。


4月の入園したての頃は毎日毎日「幼稚園行きたくない」とるち太が家で泣き、何とか幼稚園までおんぶして連れて行っても、今度は教室の前で「ママと帰る!」と幼稚園中に響き渡る声で泣き叫び、正直、何度も


「幼稚園に入れるのが早すぎたのではないか」
「嫌がるのを無理して年少から入れなくても、年中からで良かったのではないか」


と悩みました。


でも、今るち太を見ていて、年少から幼稚園に入れて良かったと心から思ってます。


それは、るち太が幼稚園に入ってからすごく成長したから。


入園前は一人で行くのを嫌がったトイレに一人で行けるようになったり、洋服のボタンを一人で留めるようになったりと、生活面でも一人でできることが増えたし、何より、以前は怖がってできなかった知らないお友達に混ざって一緒に遊ぶことができるようになったのが、母ちゃんとしては嬉しい成長です。


お友達もできてお友達と遊んだ話を楽しそうに話してくれる姿を見ると、幼稚園に入れて良かったとしみじみ思います。
集団生活をするって子供の成長にとってはすごくすごく大切なことなんだね。


私と2人で家にいては決してできない経験をたくさん幼稚園ではしてきているので、頑張って泣き叫ぶるち太を幼稚園に連れて行った甲斐があるというものです。


夏休みになって一日中一緒にいるけれど、以前よりも1人で遊んでくれる時間が長くなったので、家事が少しできるのも母ちゃんにとっては嬉しい成長。


幼稚園入れて良かった~♪


これで夏休みも週1くらいで幼稚園があればいいのにな~なんて考えちゃう母ちゃんでしたw


夏休みは始まったばかりなのに、既に栄養ドリンク飲み始めているるっちきに応援のクリックを♪Click→にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
関連記事


この記事を読んだよ♪とTwitterでるっちきにつぶやく→読んだよ(o^∇^o)


TOP子供の成長・発達幼稚園に入れて良かったこと

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

育児時々腐女子の最新エントリー

Copyright © 育児時々腐女子 All Rights Reserved. きゃんたまんの実験室