インフルエンザの季節には抗ウイルス素材のケープがあると安心♪

目が痛いるっちきです(`・ω・´)


日曜あたりから急に目が真っ赤になって、ゴロゴロと違和感が出始めて。
その上左目が痛くなってきたから、こりゃものもらいかなと思って眼科に行ったら、はやり目(ウイルス性急性結膜炎)でした( ̄_ ̄|||)



しかも、左目が痛いのはものもらいじゃなくて、角膜が炎症を起こしてるからなんだって。
角膜が炎症ってすごく恐いんですけど!(((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル


というわけで、下を向くと左目がすごく痛いので、目薬さして大人しくしてます。


ほんと、病気って前触れもなくなるから困るよね。
今週はるち太の耳鼻科にも行かないといけないし、もう一度眼科にも行かないといけないので病院通いで終わっちゃいそうです(_ _lll)ァハハ・・・


眼科はまだいいけど、小児科なんかに行くと恐いのが、病院で違う病気をもらっちゃうこと。
特に、これからインフルエンザが流行る季節になると、病院行くのに迷うことも多いかと思います。


でね、そんなときに心強いアイテムが、リニューアルして登場しました。
昨年発売して大人気だった、抗ウイルス加工の4WAYケープ

http://ikujitoraba.blog.fc2.com/tb.php/52-e21073dc

このケープは外側が抗ウイルス加工技術 「クレンゼ®」を使った生地でできているから、生地にウイルスが接触すると、ウイルスの働きを抑え、不活化(感染できない状態に)します。


しかも、耐久性や持続性に優れているので、洗濯しても抗ウイルス機能は持続。


お医者さん100人に聞いたところ、82%のお医者さんが「子供やママにすすめたい」と認めた、便利グッズなんです。


免疫力が弱い赤ちゃんを病気から守るためには、予防が一番。
病院に限らず、ウイルスに感染する危険が高い外出時には、しっかりガードしてあげたいよね。


このケープなら、対面抱っこ・横抱き・おんぶ・ベビーカーの4通りで使えるから、新生児から使うことができ、抱っこでもベビーカーでも赤ちゃんをしっかりガードしてくれます。

抗ウイルス加工ケープ2
抗ウイルス加工ケープ3
抗ウイルス加工ケープ4
抗ウイルス加工ケープ5

赤ちゃんってベビーカーで出かけても途中で抱っこになることもあるから、ベビーカーと抱っこどちらでも使えるのはとても便利♪


内側はフリース地なので冬場は防寒対策としても使えます。
フリースのライナーは着脱可能だから、寒くないときには外してOK。
外側だけにしてしまえば、夏場の冷房対策にも活躍してくれます。


あとね、内側のフリース地にはカンガルーポケットが付いていて赤ちゃんの足を入れられるの。

抗ウイルス加工ケープ6

これなら、寒い日でも足がぽかぽか。
ケープって下から風が入ったり足が出ちゃったりして冷えるのが心配だけど、カンガルーポケットに足を入れてあげれば足元が冷える心配がありません。


確か昨年のケープにはこのカンガルーポケットは付いてなかったと思うから、この辺が新しくなったのかな。


昨年は大人気で入荷待ちだったこの抗ウイルス加工4WAYケープですが、今年も現在入荷待ちで10月11日頃発送予定となっています。


多分、昨年と同様にインフルエンザが流行る時期になると注文が殺到して入荷するまでに時間がかかり、使いたいときに使えない恐れがあります。


なので、購入を考えている方は早めに買っておいた方が良いと思います。


ウイルスから赤ちゃんを守って、元気に冬場の乗り切りたいね(o^∇^o)


抗ウイルス素材のケープの詳細はこちら抗ウイルス加工オールシーズン使える4WAYケープ icon


るち太も目が痒いというから眼科に連れて行ったら、こちらはただのアレルギーでセーフでした。
はやり目だと幼稚園休まないといけないから、ドキドキしたよ(>_<)
できることなら自分を隔離してしまいたいるっちきに応援のクリックを♪Click→にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
関連記事


この記事を読んだよ♪とTwitterでるっちきにつぶやく→読んだよ(o^∇^o)


TOP子供の寒さ対策・防寒グッズインフルエンザの季節には抗ウイルス素材のケープがあると安心♪

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

育児時々腐女子の最新エントリー

Copyright © 育児時々腐女子 All Rights Reserved. きゃんたまんの実験室