「エヴァンゲリヲン新劇場版:Q」観てきた♪

頭が追いつかなかったるっちきです(`・ω・´)


昨日ね、映画館がレディースデーだったから「エヴァンゲリオン新劇場版:Q」を観てきたの。
事前にテレビで放送された「破」をみなおしてから行ったんだけど…


さ、最初から最後まで話の展開が急すぎて、頭がまったく追いつかんかった( ̄▼ ̄|||)


面白かったかどうかと聞かれれば「面白かった」です。
戦闘シーンも迫力あったし、映像もすごく綺麗だったし。


ただ、最初から最後まで頭の中にず~~~っとでっかいクエスチョンマークが出てました。


今回は話が急展開するからタイトルが「Q」だってどっかで見たけど、まさに急展開。
「破」の終わりからどう繋がっているのか結局未だにぼんやりとしかわからんです。


あんなに風呂敷広げて、どうやってあと1回でまとめるんだろ?
過去の終わり方が不完全燃焼な感じだっただけに、不安と期待が残りました。


というわけで、以下ネタばれなので、ネタばれ苦手な方はここからエスケーププリーズ♪Click→にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ














さてさて。


いきなり話が宇宙から始まって、どうして宇宙にいるのかもよくわからず、最初から私の頭は置いてきぼり。
今まではテレビ版と前回の映画版と同じ筋を辿っていたけど、今回からまったく違う展開になったんだね。


もうね、前作から14年後の世界ってところでびっくりだったです。
その間に何があったのかの説明なんてなかったし、回想シーンすらなかったし。


とりあえず、可愛かったオペレーターのマヤが「これだから若い男は」みたいな暴言吐いてたのに笑いました。
マヤも歳とったのねw


トウジの妹は可愛かったな~
アスカのアイパッチの下はどうなってるのか気になる(なんか戦闘中に青く光ってたし)。


個人的には、ミサトがシンジの首輪のスイッチ押せなかったシーンが好きかな。
彼女の甘さや弱さや優しさが出ていて。
リツコが怒りもせずに「仕方ないわね」みたいな顔してたのも、二人の過ごした時間の長さが感じられて好きでした。


それにしても、加持が出てこなかったんだけど、14年の間にどこにいったの?
破では死んでなかったよね?


今に始まったことじゃないけど、相変わらずエヴァは説明がなさすぎてわけわからんです。
そこがいいんだろうけど、もうちょっとわかりやすいとおばちゃん的には嬉しいのだが。


マリが何者なのかとか、カヲルが破で「今度こそシンジを幸せにする」って言ってたのがどうしてかとか、疑問が一つも解決しないままQは終わったので、ある意味エヴァらしいエヴァって感じでした。


いつになるかわからんけど、続きが楽しみです。
関連記事


この記事を読んだよ♪とTwitterでるっちきにつぶやく→読んだよ(o^∇^o)


TOP腐女子日記「エヴァンゲリヲン新劇場版:Q」観てきた♪

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

育児時々腐女子の最新エントリー

Copyright © 育児時々腐女子 All Rights Reserved. きゃんたまんの実験室