心がほっこり温まる絵本「どうぞのいす」(香山美子著)

このところ寝る前に毎日るち太に「トミカ図鑑」の車の名前を全部読んでくれと頼まれるので、内心かなりげんなりしているるっちきです(`・ω・´)


るち太が読んで欲しいなら読むけどさ。
「トヨタ クラウン」やら「日産 フェアレディZ」やら、ひたすら車の名前ばかりを読み上げるのってかなり退屈…


しかも、「トミカ図鑑」だけあってこれでもかってくらいにたくさんトミカが載っているので、まともに読むと30分近くかかる( ̄▼ ̄|||)


そんな私が密かに楽しみにしているのが、るち太が幼稚園から借りてくる絵本。


車好きのるち太は車が出てくる絵本を借りてくることが多いのだけど、たまに借りてくる車が出てこない絵本の中で、特に私が好きなのが「どうぞのいす」(香山美子著)



この本ね、絵柄も優しくて可愛らしい絵柄でみていて楽しいのだけど、お話の方もとても心温まるお話なんです。


うさぎさんが椅子を作って「どうぞの椅子」と看板を立てて野原の木の下に置いておくとね、最初はロバがやってきて、どんぐりのいっぱい入ったカゴを置いて木の下でお昼寝してしまうの。


すると、今度はクマやきつね、りすたちがやってきて、みんな「どうぞ」って書いてあるからって椅子の上に置いてあるカゴの中味を食べしまうんだけど、必ずからっぽにしてしまっては後の人にお気の毒だからって自分が持っている物をカゴの中に入れていくの。


動物たちの思いやりがとても優しくて、読む度に胸がほっこり温かくなる絵本です。


同じフレーズが繰り返しでてくるのでとても読みやすいので、4~5歳向けとはなっているけれどそれよりも小さなお子さんでも楽しめると思います。


ほのぼのとしたお話で子どもに「思いやりの気持ち」を伝えられる素敵な絵本なので、是非親子で楽しみたい一冊です。
大人も読んでいて心が洗われますよ♪


車が出てこなくても可愛らしい絵柄とお話のわかりやすさが面白いらしく、るち太も何度も借りてきて読んでます。


こういう優しいほのぼのとした絵本を親子で楽しむのってすごく幸せな気持ちになれていいね(o^∇^o)


動物たちの「思いやり」が温かい絵本の詳細はこちらどうぞのいす (ひさかた絵本傑作集)


車の名前ばかり読んでいると自分が眠くなってくるるっちきに応援のクリックを♪Click→にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
関連記事


この記事を読んだよ♪とTwitterでるっちきにつぶやく→読んだよ(o^∇^o)


TOP親子で楽しめる絵本心がほっこり温まる絵本「どうぞのいす」(香山美子著)

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

絵本の紹介、ホッコリあたたくなっていいですね。これからも楽しみにしてますね。
hirosati at 2012/12/20(木) 17:58 | URL

車の名前を延々と・・・それに付き合ってあげているるっちきさんには脱帽です!

親が読んでほしい本と、子どもが選んでくる絵本はどうも違うんですよね。最近は、寝る前の読み聞かせも面倒で、さっさと寝かせてしまう私・・・反省しなければ!
ぷれ at 2012/12/21(金) 05:31 | URL

>hirosatiさん

ありがとうございます。
絵本って大人が読んでも面白いのが結構あるので、何を借りてくるか楽しみにしています♪
心温まるお話は何度読んでも幸せな気持ちになれて、私の方が楽しんでます(o^∇^o)


>ぷれさん

親が読んで欲しい本と子どもが好きな本って、なかなか一致しませんよね。
私としては童話とか名作的な物を読んであげたいのですけど、どうにも上手くいかず。。。
本が好きになってくれればそれでいいやと思って、車の名前読むのに付き合ってます。
大抵途中でるち太は寝ちゃうので、読みながら「早く寝ろ~」と心の中で唱えてますよ(´▽`*)アハハ
るっちき@育児時々腐女子 at 2012/12/21(金) 10:43 | URL

URL:
コメント:
 

育児時々腐女子の最新エントリー

Copyright © 育児時々腐女子 All Rights Reserved. きゃんたまんの実験室