ベビーカーの選び方

足がだるいるっちきです(`・ω・´)


この間るち太に自転車を買ったのでね。
今日も自転車に乗る練習がてら、1時間ちょっとお散歩してきたのよ。



補助輪がついていても、まだふらふらしていて危なっかしいし、ほんの少しでも傾斜があると自分でこぎだせなくて押してやらないといけないしで、微妙に体をかがめながら歩いていたものだから、えらい疲れて。


よろよろと自転車をこぐるち太と歩いていたら、新米ママさんぽい方が歩道の段差をベビーカーで超えるのにちょっと苦労しているのを見かけ、あ~私もあんなこともあったな~なんて横目で懐かしく眺めましたw


ベビーカーって、慣れないと押すのが結構大変なんだよね。
まっすぐ進みたいのに進めなくて、最初の頃は道路の傾斜に随分泣かされたものでした。


まあ、その前に、どのベビーカーを買うかの段階で、どれが良いのやらわけがわからなくて、随分困ったけど。


いざ買おうとするとベビーカーもたくさん種類がありすぎて、どれにするか迷う方、きっと多いと思うの。
なので、ベビーカー選びのポイントを参考までにまとめてみますね。


まずは、いつから使うのか


おすわりができるようになる7か月くらいから使うのであればB型ベビーカーやバギーなどになりますが、それより前から使うのであれば、A型ベビーカーになります。


次に、どんな環境で使うのか


住宅環境が一戸建てなのか、それともアパートやマンションのような集合住宅なのか。
外に出かける際に階段があるか、ベビーカーはどこに置いておくのか。


例えば、アパートでいちいち階段を上り下りしないといけない場合だと、ママが片手で持ち運べるくらいの軽いベビーカーじゃないと不便だよね。


置き場所だって、玄関が狭い場合だと、あまり大きなベビーカーを買ってしまうと場所を取ってしまって邪魔になってしまいます。


あとは、ベビーカーでどこに行くのか


子供をベビーカーに乗せてどこに行くのか、出産前だと想像しにくいかもしれないけれど、行先によってもベビーカーに必要な機能って変わってくるのね。


おそらく、必ず行くのはスーパーや病院だと思うので、スーパーだったら通路は広いか、そこに行くまでに電車やバスを使うのか、車に積んで行くのか、それとも徒歩で行くのか、などを考えておいた方が良いです。


電車やバスに乗るのであれば、軽くて尚且つ片手で開閉できるものの方が便利だし、車に乗せて運ぶのなら、トランクに入るくらいの大きさじゃないと困るよね。


ここまでの段階で、軽いベビーカーが良いのか、大きさは多少大きくてもいいのか、コンパクトな方がいいのか、をある程度しぼっておいて、次に操作性や機能性を見ていくとわかりやすいんじゃないかなと思います。


操作性、機能性は優れているか


どんなに軽くても押しにくければ使えないので、ママが押しやすいのは必須ポイント。
他に、A型ベビーカーならば両対面式になるのかや、赤ちゃんの乗り心地は良いか、通気性は良いか、幌の大きさはどのくらいか(日差しをよけられるか)、開閉は簡単にできるか、シートの高さはどのくらいか、などなど。


押しやすさなどの操作性については、やはり一度お店で実物を触ってみるのが一番だと思います。
可能ならば、子供を乗せてみて、嫌がらないかなんかを見ておくのがベスト。


決して安い買い物ではないし、一度買ったらなかなか買い換える機会もないものだから、じっくり考えて選んだ方が後悔が少なくてすみますから。



私が自転車に乗れるようになったのは、小学校4年生のときでした。
うちの父がえらい心配性で、危ないからってなかなか乗せてくれなくてね。
気がついたら周りの子はみんな自転車に乗れるのに私だけ乗れなくて、必死こいて練習したのを今もはっきりと覚えています。
いやほんと、乗れるようになるまで時間もかかったし、ものすんごく大変でした。
自転車は小さいうちに乗れるようになっておいた方が良いと声を大にして叫びたいるっちきに応援のクリックを♪click→にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
関連記事


この記事を読んだよ♪とTwitterでるっちきにつぶやく→読んだよ(o^∇^o)


TOPベビーカーベビーカーの選び方

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

育児時々腐女子の最新エントリー

Copyright © 育児時々腐女子 All Rights Reserved. きゃんたまんの実験室